2017年10月17日 (火)

実生4.5年目の秋を迎えた「晃山」

2013年初夏に実生したレウクテンベルキア属の「晃山」。実生してから4.5年目の秋を迎えました。十数本の苗がありましたが余剰苗の分譲として各地に貰われて行き、現在二本が残っています。                      Spa170031

Spa170033

鉢の一辺が16cmですから、鉱山一本の直径は10cmほどでしょうか。割と柔らかな刺が長く伸びています。実生してからこれまで健康に成長してきましたので、疣は結構太く先端の枯れこみもほとんどありません。そろそろ植え替えの時期ですが、次回は4号鉢に一本植えしてやる予定です。

例によって、この4.5年の成長ぶりを画像で振り返ってみましょう。いずれも10月中旬の画像です。

2013年 発芽後4カ月経過。右側2~3列目の白い苗が晃山です。S201310

2014年 一年間であっと驚く成長を遂げました。もうどこから見ても晃山です。
S201410

2015年 疣が太くなってきました。
S201510

2016年 刺の発達が顕著です。この頃から開花し始めました。
S201610

開花株が二本ありますので、来年は開花時期があったら種を採って次世代への種の継続を試みます。

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月16日 (月)

マミラリア属「白珠丸」 秋の開花

マミラリア属の「白珠丸」は白い刺が美しいサボテンで、よく群生して大群生株を形成します。ピンク色の可憐な花を咲かせますが、他のマミラリアが花輪に例えられるように群開するのとは対照的に、パラパラと散発的に控えめな開花を見せてくれます。毎年暑い盛りの8月ごろから開花が始まり、やる気のなさそうな開花が翌年の一月まで続きます。10月中旬のこの時期はその中で最も白珠丸の花が多くみられる季節です。

昨日の開花の様子です。それほど華やかさはありませんが中学生のニキビのごとくあちこちにポツポツと咲いています。          Spa150542

この時期に最も花が多く咲くのですが、年により天候や株の調子、植替えの具合などにより開花の程度はばらつくようです。栽培者の成績を開花をもって表しているようです。

過去の10月中旬における開花の状況を振り返ってみましょう。

2002年                  S2002

2003年                          S2003

2009年                        S2009

2013年                        S2013

2014年                        S2014

2015年                           S2015

2016年                          S2016

毎年少しずつ大きくなっているようですが、同じ10月においても花の咲き方は様々です。現在、群生株の直径は35cm程度ですが、二年前に一回り大きくした鉢が小さく見えるようになってきました。来春は意を決してさらに一回り大きな鉢に植え替えてやりたいと思います。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月15日 (日)

雨の日が三日続いて…瑠璃兜錦実生苗の植え替え

当地ではこの三日間雨が断続的に降り続いております。これを絶好の機会ととらえ、懸案だった瑠璃兜錦実生苗の第一回目の植え替え作業を黙々と続けてきました。

<三日間の作業結果> 五つのパレットを満たしました。1パレット当たり約300本の苗を植えてあります。要するに5x300=1500本の苗を植え替えた勘定になります。

Spa150750

各パレットの画像です。                 Spa150751


Spa150752


Spa150753


Spa150754


Spa150755

ざっと見て現時点で斑が入っている苗は30~40%ぐらいでしょうか。これらの親株を育てた過程で斑がどのように変化していったかを振り返ると、現時点で斑が多い苗はあまり先行きが良くないものと考えています。

今の時点ではまだ鮮明な斑は現れておらず、苗の大きさが2cm程度までになったとき僅かに斑が現れているようなものが一番見込みがあるようです。その時まであと一年、しっかりと育てて選別まで持ってゆきたいものです。

ところで、3日間テレビを見ながらですが幼苗の植え替えに勤しんできましたが、未だ植え替えできていない苗が下の画像のように残っています。明日の天気予報もまた雨。残りの約300本を最後の1パレットに植え付けてやっとプロジェクトXが完了です。
Spa150756

それにしても、トータル1800本ですか。来年秋になった時に良い斑入り苗が何本出て来るものか、楽しみでもあります。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月14日 (土)

牡丹類のサボテンは実生してから開花するまで何年かかるか?

今の時期は、まさに秋の牡丹類の開花がたけなわです。

2013年にサボテン趣味を再開して、その年の春に多くの種類の牡丹類の種を蒔きました。あれから4年と半年、どの牡丹が何年経って初開花に至ったか記憶を頼りに振り返ってみましょう。画像はいずれも今年秋のものです。

<アガベ牡丹:1.5年> 最初に開花したのは実生してから1.5年(2013年春に種を蒔いて2014年秋に初開花したものです。以下同じ計算です。)のアガベ牡丹でした。その後も毎年開花しています。                    Spa130016

<姫牡丹:2.5年> 三列あるうちの両サイドの二列が姫牡丹です。2.5年目から開花を見せています。アガベ牡丹のようにたくさん咲くのではなく、かなり気まぐれな開花です。            Spa130014

<黒牡丹:3.5年> 本体がなかなか大きくならないので遠慮がちな開花です。また苗の大小の差が大きく小さな苗はまだ開花に至っていません。Spa130020

<三角牡丹:4.5年> 今年初開花します。苗も大きくなってきており順当な開花と思えます。                           Spa130004

変種の三角牡丹チキータも今年初めて蕾を上げてきました。Spa130046


<亀甲牡丹:4.5年> 亀甲牡丹のうち疣の細いタイプのもののみ4.5年目に蕾を見せてきました。普通のタイプやゴジラはまだです。                  Spa130010

旧ロゼオカクタス属の仲間たちは初開花が早いという印象でしたが、4.5年経っても初開花しないものがいくつかありました。

<竜角牡丹:4.5年以上> 開花どころかなかなか大きく育たず、消えてゆきそうです。                  Sp9300375

<ブラボアナス:4.5年以上>       Sp9300419

<大疣連山:4.5年以上>              Sp9300664

旧アリオカルプス属の大型牡丹類は、ここまで大きく育っていますが開花する雰囲気はまだありません。

<青磁花牡丹:4.5年以上>          Sp9300417

<玉牡丹:4.5年以上>           Sp9300418

<岩牡丹:4.5年以上>              Sp9300424

<象牙牡丹:4.5年以上>         Sp9300427

こうしてみると実生してから4.5年経った今でもまだ開花していないものがけっこうありますね。「桃栗三年柿八年」といいますが、柿に近い奴も現れてくるのでしょうか。


ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月13日 (金)

雨の日は居間に座って実生苗の植え替え作業

今日の横浜は朝から雨。温室内の作業も何となくうっとうしいので、かねてからやろうとしていた瑠璃兜錦実生苗の第一回目の植え替え作業を行いました。

居間のテーブル上に材料を置き、椅子に腰かけてテレビを見ながら。午後からは日本オープンゴルフ選手権がNHK BSで生中継されていました。作業する手も休みがちでした。

植え替えようとしている瑠璃兜錦は今年の6月に種まきしそのまま育つに任せていたもの。大きなものは直径6~7mmぐらいの大きさに育っています。本数は数えていませんが少なくとも1000本はありそうです。

以下の画像にある8つの容器の苗を植え替える予定です。

Sp9300151


Sp9300152


Spa130088


Spa130089


Spa130090


Spa130091


Spa130175


Spa130176

大体均等に蒔いたつもりでしたが、結果を見れば自分のいい加減さにあきれてしまうようなばらつきでした。

で、植え替える先の容器は、100均で入手した40cmx30cmのプラスチックの四角い容器。底に焼け火箸で適当に穴をあけて、育成鉢にしました。用土は下8割が通常の栽培用土、上二割が(芝目土+川砂+モミガラ燻炭+マグアンプ小粒)です。川砂を入れたのは単なる気まぐれです。

テレビを見ながらの作業で、今日の結果はこれだけ。それでも4時間近くかかりました。                    Spa130202


Spa130204


Spa130206

1バット当たり約300本の苗を植えています。これでまだ半分終わっていませんから、トータルの本数は軽く1500本を超えそうです。

明日の天気も雨の予報ですから、今日の続きをやることになりそう。サボテン農家でもない私は何を目指してやっているのでしょうか。

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月12日 (木)

全斑の瑠璃兜錦カキ子を袖ケ浦に接ぎ木

ほぼ全斑に近い瑠璃兜錦が成長点付近に多くの子を吹いてきました。もちろんこれらの子は全て全斑の模様です。このまま大きくしても良いのですが、その時の姿を想像するとあまり気が進みませんでした。そこでこれらの子を掻き取り、袖ケ浦の台に接いでみることにしました。それにこれらの子は兜の標準稜数の「8」を超える、9~11の稜を備えていますので、それらが接ぎ木されて成長したらどう変化してゆくかについての興味もあります。          Sp9010100

11時、12時、及び7時の位置の子を外しました。

接ぎ木直後の画像です。一部ピンボケで申し訳ありません。Sp9130039


Sp9130041


Sp9130042


それから二週間後の姿です。    P9300061


P9300065

P9300087_2


どうやら接ぎ木はうまく行ってつながっているようです。季節がら今年中の大きな成長は望めませんが、来春接ぎ木の威力で急成長した際にどのように変化してゆくか楽しみです。

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月11日 (水)

牡丹類の開花:次は旧ロゼオカクタス属の仲間たち

昨日のブログで秋の牡丹類の開花第二段は三角牡丹とお伝えしました。この時期の牡丹類の蕾の成長は急です。

三角牡丹の蕾は一日の間に目に見えて膨らみを増しました。Spa110004


また、花牡丹の蕾は昨日綿毛に埋もれていたものが今日は姿を現しました。Spa110008

Spa110010

こうした中で、旧ロゼオカクタス属の牡丹類が蕾をあらわにしてきました。

<竜角牡丹> 30年生以上の苗です。あまり調子は良くなさそうですが、毎年秋には一輪だけ開花して存在感を示しています。Spa110006

<黒牡丹> ネットオークションで入手した苗で、推定7~9年生です。この一年ぐらいでようやくうちの温室の環境に慣れてきたようで、健康そうな姿になってきました。今年の秋は4つの蕾をつけています。           Spa110018

こちらは先日ご紹介した今年の春の実生苗を袖ケ浦に接いだ苗です。前回ご紹介したときは蕾が一つでしたが、今日確認したところ3つに増えていました。全部の蕾が開花するでしょうか。                        Spa110031

<アガベ牡丹> 自家実生苗4.5年生です。実生二年目から開花しています。今年は株が大きくなってきたこともあり一株に3つの蕾をつけています。Spa110024

<亀甲牡丹> 自家実生苗4.5年生の初開花です。どういう訳かこの株だけアガベ牡丹のような細い疣です。アガベ牡丹のDNAが入り込んでいるのかもしれません。他のザラザラした疣を持つ実生4.5年生亀甲牡丹は今年も未開花になりそうです。                Spa110026

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月10日 (火)

牡丹類の開花:第二段は三角牡丹

秋の牡丹類の開花についてすでにヒントニーや亀甲牡丹の開花をお伝えしていますが、相変わらずこれらの開花は続いています。

Spa070092


Spa070094


Spa070096


今年は同じ株で繰り返し開花しており、昨年より同一株での開花数が明らかに多い。株が成長していることもあると思いますが、やはり夏場に寒冷紗による遮光をやめたことが効いているものと考えています。

そして、これら亀甲牡丹類に加え今日、三角牡丹に蕾があがってきました。Spa100002

Spa100004

自家産実生苗(4.5年生)にも初めての蕾です。いずれも右下の苗に蕾が見え始めています。                           Spa100016


Spa100018

さらに花牡丹も綿毛の間からわずかに蕾が顔を出し始めています。Spa100008


Spa100014


旧ロゼオカクタス属(大疣連山)も、もう一息です。Spa100010

同じ牡丹類でも一度に咲かず、このように順繰りに開花してゆくのも良いものです。ひと花ごとに秋の深まりを感じる今日この頃です。



ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月 9日 (月)

碧瑠璃ランポー玉から碧瑠璃ランポー柱へ

碧瑠璃ランポー玉といえば通常球形のサボテンを連想しますが、数十年を経ると柱サボテン化します。

うちの温室にある碧瑠璃ランポー玉、30年以上前に二和園さんで親指の爪ほどの苗を購入したものです。しばらくの間は丸く大きく育ってゆきましたが、途中から縦に伸び始めました。

<2009年> この頃は入手して20年目ぐらい。すでに縦方向に伸び始めています。下半分は標準の5稜でしたが、途中から6稜に増稜し上下で不連続な形状になっています。          S200901

<2013年> 6稜の部分が大きくなりました。S201303

<2014年> 6稜の部分がやたらと目立ちます。S201403

<2015年> 老醜が漂ってきました。S201503

<2016年> 老いてますます盛ん?S201603

<2017年三月> 高さが50cmを超えました。もうどうにでもなれ!です。S201703

<2017年十月> 5稜の部分はだんだん下に追いやられ目立たなくなってきました。                 S201710_2


開き直って考えれば、ここまで来て多方希少価値的なものも出て来るでしょう。幸い刺がありませんのでもう少し大きくなっても植え替えは一人でできそうです。2~3年に一回の植え替えを行ないながらさらなる高みを目指したいと思います。目指せ1mの高さの碧瑠璃ランポー柱!

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

2017年10月 8日 (日)

この時期の精巧殿とバラ丸

精巧殿とバラ丸は年明け早々に開花しますが、毎年この時期その開花に備えて小さな蕾を上げ始めます。

下の画像はいずれも実生4年半経った精巧殿とバラ丸の現在のものです。いずれも二年前から開花しています。

<精巧殿> 左上の苗は既に蕾を見せいています。右側中段の苗も小さな蕾を出し始めています。                    Sp9300466


<バラ丸> 上段中央の苗は紛れ込んでいる精巧殿です。バラ丸の出蕾はまだのようです。                      Sp9300464

今年の夏は試しに寒冷沙による遮光は止め、プチプチシートと不織布とによる(弱い遮光+光の分散)を図りました。狙いは温室内に明るい光を満たして、サボテンを固く健康に育て、併せて花芽形成の促進を図るためです。

その効果がこれら精巧殿とバラ丸の開花に現れてくれるものと期待しています。花芽の出て来るこの時期、あと一回追加の液肥を与える予定です。

 

ご訪問くださりありがとうございます。このブログは「にほんブログ村」の「サボテン人気ランキング」に参加しております。このブログを応援下さいます方は下のバナーへの応援の「クリック」または「タップ」をお願いいたします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

«あっち向いてホイ! 袖ケ浦向日性の不思議

無料ブログはココログ